日本人が着物を着る理由

着物を着る意味は?

About acew

着物買取のオトクな活用法について

洋服は手軽に手に入る反面、流行り廃りが激しく、シーズンごとに使い捨てのような側面があります。
その手軽さこそが洋服の身上ではありますが、もう少し丁寧な暮らしをしてみたいと思うなら、着物生活に挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。

着物は高級で約束事が多く厄介な物という印象をお持ちの人も少なくないと思われますが、ほんの数十年前には今より貧しい時代に庶民が普段着として着ていたものですから、あまり堅苦しく考える必要はありません。
帯や半襟や小物類の合わせ方でいろいろな着こなしができ、流行がないわけではありませんが、洋服ほど早くに古びるわけではないので、思いっきりおしゃれを楽しみたい人にも実はオトクなファッションなのです。

着物を着る人は少ないですから、普段から着物を着ることを周囲にアピールしておくと、タンスの肥やしになっている着物を譲っていただける機会に恵まれることもあることでしょう。
亡くなったお祖母さんの形見など、捨てるのは忍びないけれど、持っていても活用するあてがない、そういう着物を若い人に着てもらえるなら、先方にしてもありがたいはずです。

しかし、そのような形で譲られる着物は、往々にして、普段着にするには高級すぎるものもめずらしくありません。
また、昔の人は身長が低く、今の人が着るには寸足らずなこともあります。

そういう場合は着物買取を利用すると よいでしょう。

洋服中心のリサイクルショップでも着物買取をしてくれる場合がありますが、正しく価値を査定してくれる可能性は低いと考えてよいでしょう。
やはり着物買取は専門知識を持った着物買取専門店に依頼するのが一番です。

紬や絣、縮などの伝統工芸品は見た目が地味でも案外、高価に買い取ってもらえることがあります。
状態がよく、証紙があれば完璧です。
証紙はたとう紙の中にハギレと一緒にしまわれていることが多いですから、もし見つけたら捨てずに一緒に保存しておきましょう。

また、着物買取はお店によって需要の有無が違い、買取価格に大きく差がつく場合があります。
もし価格に不満がある場合は、他店でも見積もりを出してもらうとよいでしょう。
他店では高値がつく可能性もありますし、高値がつかない場合は期待するほどの市場価値がないことが納得できるはずです。

着物は職人さんたちが手をかけて作った、洋服のファストファッションにはない趣を持った衣装です。
親戚や知人に声をかけてタンスの肥やしを譲ってもらい、着物買取などをうまく利用した活用法でオトクに和の装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

着物買取「友禅市場」 | 着物の処分にお困りの際は、ぜひご活用下さい