日本人が着物を着る理由

着物を着る意味は?

成人式の振袖を着物買取へ出してもよいのか

振袖は女性の着物の中でも、最も華やかなものです。袖が長いため、動きによってシルエットに変化が生まれるのも魅力といえるでしょう。

成人式は人生の門出を祝う式でもあり、その際に厄払いの意味もある袖の長い着物を贈るということも謂れとしてあるようです。また、未婚女性の正装としてしばらく使えるものでもあり、成人の機会にあつらえる家庭も多いものです。その後、結婚式に参列する際などに利用する方も多く見られます。

しかし現代社会ではそれ以外のシチュエーションで、着物を着ることができる機会はなくなってきました。以前は結婚後に袖を短くして留袖とし長く愛用したものであり、結婚準備の一環としてもとらえることができましたが、今はそういった使い方もされなくなってきました。そのため、使われていない振袖が家の中に眠っているという形が多くなってきたのです。

そういった使われていないものは着物買取に出すのが良いといえるでしょう。もちろん送られたご両親のお気持ちはいつまでも大切にとっておくべきですし、成人式で着用した思い出は一生心に残ることになるでしょう。それは大切にしまっておいて、着物自体は着物買取へ出し、新たに誰かに使ってもらうべきなのです。

着物は使わないまましまっておくだけでも傷んでしまうことが多いものです。きちんと取り出して虫干しをし、必要なメンテナンスができる技量があればよいのですが、そういったことができる家庭は稀です。そうなると、ただ着物を傷めてしまう結果になりかねません。

結婚後に留袖を着る機会もあまりないことが多いですし、そもそも振袖用のデザインと留袖で着て行きたいデザインは年齢の違いもあり、大きく異なってくるものです。そのため、結婚の機会に着物買取に出して手放し、着物が必要であれば新たに使える着物をあつらえるというのが現実的な方法といえるのではないでしょうか。

着物買取は着物を捨てることではありません。着物を活かすための方法でもあるのです。あなたの人生の門出を祝い、親の願いを込めた大切な着物が、また新たな女性の人生を輝かせることにつながるのです。着物買取に出すことはそのまま着物を放置しておくよりも大きな意味があるといえます。

人生の節目に作った着物なら、もう一度節目が来たらその着物と自分との関係を見直すのもよいでしょう。その際には単に捨てるのではなく、着物買取という選択肢もあることを覚えておくべきであるといえます。