日本人が着物を着る理由

着物を着る意味は?

着物買取で最も格式の高い第一礼装

着物買取の相場において、どこの店舗でも伝統工芸品や作家ものなどの例外を除いては、格式の高い着物になるほど高額で買取を行っています。

一般的に、女性の第一礼装となっているのは既婚女性の場合には留袖、未婚女性の場合には振袖です。着物買取においてもこれらの着物は高額で買取がされていますが、留袖の場合には古典柄でいつまでも着られるものが多い一方で、振袖は古典柄もあれば現代柄もあり、また、着物の作家だけでなく有名ブランドや洋服のデザイナー、タレントがデザインしているものなどもありますので、かなり買取り額に開きが見られます。

着物買取の場合には、現代柄の振袖に関しては、流行の色柄かどうかが重要なポイントとなります。着物買取で引き取った着物は、基本的にそのままの状態で転売されていますので、次に購入する予定者がほしいと思えるようなものであることが重要です。色柄が流行のものであり、傷や汚れなどがほとんどない美品であれば次の買取り手が見つかりやすいため、高く買い取ってもらえます。また、振袖に付属していた帯や帯揚げ、帯締め、髪飾りや長襦袢など、小物類も揃っていると、購入してからすぐに着ることができますので評価が高くなります。

古典柄の振袖の場合には、流行があまり影響しませんので、絹の重さやデザインなどによって左右されることはありますが、買取り額は持ち込みが遅くなってもそれほど変化しません。先代から譲り受けている格式のある着物の場合には、希少価値や骨董品としての価値が高いものもありますので、買取に出してよいかどうかを確認してから持ち込むようにしましょう。

留袖に関しては、大きく分けて黒留袖と色留袖に分けられており、どちらかといえば黒の方が格式が上になります。留袖は訪問着とは違い、ほぼ全体が一色の無地になっており、裾の方に結び熨斗や鶴亀などの縁起のよい柄が入っています。家紋が入っていますが、着物買取においては紋が異なるからといって買取り金額を下げられる心配はありません。

格が高い第一礼装ということもあり、高名な作家がデザインをしているものや、丁寧に染められているものなどがありますので、高額なものになるとかなりの価値になります。全体的に華美ではありませんので年をとっても着ることができますが、柄が大きいものは年齢を重ねると派手に見えることがありますし、身長によっても見たときの印象が異なりますので実際に合わせてみましょう。