日本人が着物を着る理由

着物を着る意味は?

着物の歴史と文化と着物買取について

着物は歴史と文化と密接に関わりあっています。

着物の歴史について、まずは縄文時代まで遡りますが、この頃の着物の歴史は謎が多く、その理由は植物の繊維などは考古の遺物として残りにくいからです。しかし、織った布の一部が出土しているので、麻などの糸を紡ぎ布地を作る技術を持っていたようです。魏志倭人伝によると幅広い布地を結び合わせて着ているような記述があります。

古墳時代の豪族たちは、上下の2部式の服装をしていたようです。飛鳥や奈良時代には、袴の合わせ方が全て左が前であったようです。中国の漢に影響を大きく受けました。そのため漢の服と似ている部分があります。例えば、前あわせで帯を締めることなどです。この頃になると、地位や役職によって着物の形式や色が決まっていました。冠位十二階がその顕著な例です。

平安時代の貴族層では着物は煌びやかで豪華になっていきます。これは、平安装束ともよばれています。十二単がとても有名ですが、女性の最高の装束でした。ひな人形の原型はこのころ出来上がり、そのため装束は平安装束であるとされています。

鎌倉や室町時代は、平安期に庶民が着ていた着物を参考に直垂ができました。直垂は武家の正装でした。女性用の衣服も簡易化され、袴が多用されました。動きやすさが重視されていく時代となったのです。そしてこの頃、打掛ができました。

江戸時代になると、着物は更に簡易化をされていきました。肩衣と袴の組み合わせが登場してくるのです。そして、庶民の間では、小袖が大きく流行しました。歌舞伎の世界では、着物は豪華絢爛なものでした。庶民の着物は質素ながらに、お金をかけているものを楽しむという風潮があったのです。この頃に、帯を後ろで結ぶようにもなっていました。江戸時代後期になると、庶民が絹製品を着ることが禁止されました。

明治時代になると、絹は大量生産されました。色々な和服の種類の生地が増えました。染色技術の発達に伴って、様々な文様をつくることが可能になりました。洋服が登場しはじめましたが、庶民は高価な洋服は着ていませんでした。そして、江戸から引き継がれる着物の文化を大切にしていたのです。

このように、日本人は着物の文化に誇りをもっていました。大正時代には、学生の間で行灯袴などといった袴の姿が大流行しました。このことが、現在でも引き継がれており、大学などの卒業式に袴を着用するということになったのです。そして大正時代になり、衣服を洋服へ変えていこうとする動きが増えました。

着物買取の歴史も長いものです。着物買取が盛んであった時代は江戸時代です。江戸の呉服屋は絹織物を扱うことがほとんどでした。絹は高価だったために、着物買取にはなくてはならないものでした。明治、大正、昭和になると着物買取も変化していきました。着物売買はより一層手軽になっていったのです。現代では、ネットを利用した着物買取も行われています。